ドイツ人とのハーフが医師を目指す!おすすめ医学部予備校教えます!

( 更新日:2021/11/30)

★九州から合格を実現!全寮制医学部予備校の太宰府アカデミーとは?★

2017年11月14日

太宰府アカデミー

医学部予備校を選ぶ際にどうしても数の多い東京や大阪を中心に選びがちですが、九州にも実績豊富な校舎があります。なかでも注目されているのが太宰府アカデミーです。福岡県太宰府市に校舎を構える当予備校は、全国でも数少ない全寮制を取り入れた医学部予備校です。全寮制の良いところは校舎内に居住施設である寮が設置されているので、夜遅くまで勉強しても治安の心配が要らない安全性が確保されていることです。また、学習面だけでなく直営寮ならではの生活面からの徹底したサポートが期待できるので子を預ける親としても安心です。この2点を魅力に感じて全寮制を選ぶ人は少なくありません。規則正しい生活のもと、受験勉強に集中できる環境が用意されているのです。特に大宰府となると周囲に商業施設がないので、サボるような場所もありません。東京や大阪なんかは魅力的な施設が沢山あるので、勉強そっちのけで遊んでしまう人もいます。したがって、太宰府アカデミーには医学部を目指すための理想の環境が用意されています。もちろん、勉強には息抜きも必要です。そのため、太宰府アカデミーでは週1,2回講師も参加して一緒にスポーツを楽しで、ストレス発散だけでなく講師や生徒同士の仲を深めています。また、全寮制の良いところは住居スペースに限りがあるので、少人数定員制で指導を受けられることです。いつでも質問や相談ができるのはもちろん、定期的に面談を実施してケアしてくれます。自習時間をしっかりと確保しつつも授業第一を掲げ、質の高い授業でその場で理解できるよう生徒とコミュニケーションを取りながらフォローしていきます。福岡という土地柄、やはり地元の医学部に強く、久留米大学および福岡大学の医学部合格実績は非常に高いです。なので、福岡の医学部を目指す受験生には特におすすめです。もちろん、全国各地の医学部にも毎年多くの合格者を輩出しているので情報量やノウハウでは他校に負けません。親元を離れた医学部受験を目指す人は候補に入れてみると良いでしょう。

★多浪生が集まる医学部予備校、慶応進学会フロンティアとは!?★

2017年8月23日

慶応進学会フロンティア

医学部受験は超難関試験と言われており、2浪、3浪が当たり前だと言われています。ただし、近年は現役生や1浪生を好む医学部が増えており、年齢を重ねるごとに合格が難しくなる傾向にあります。しかし、3浪以上の多浪生でも毎年多くの医学部合格者を誕生させている医学部予備校があります。東京の麹町にある慶応進学会フロンティアと呼ばれる医学部予備校で、口コミが広まり最後のチャンスとして他校から多くの多浪生が集まってくるのが特徴です。慶応進学会フロンティアが多浪生に強いのは、独自のプログラムを設けて別途サポートを行っているからです。再受験生や現役生のコースが設けられていても、多浪生向けのプログラムを設けている医学部予備校はほとんどありません。慶応進学会フロンティアでは別途専門のフォロー体制を敷いて独自のノウハウから医学部合格を実現させているのです。これまで多くの多浪生を医学部に合格させてきた豊富なノウハウと最新の入試情報を駆使した「医学部多浪支援プログラム」で浪人生活に終止符を打つことが可能です。また、慶応進学会フロンティアでは医学部予備校には珍しい合格保証制度を用意しており、もちろん多浪生も対象となります。合格保証が付いたコースに受講して医学部受験に失敗した場合、翌年度以降の同じコースの学費が全額免除となる仕組みです。これなら学費のことを気にせず勉強に集中することができます。合格保証制度が適用されるためには諸条件があります。①志望校3校以上を受験、②出席率90%以上、③各種テスト・課題を提出すること、の3つが設けられています。医学部合格を目指して真面目に取り組んでおけば無理な条件ではないので、リスクヘッジもかねて合格保証のついたコースを受講することをおすすめします。もちろん、多浪生だけでなく現役生や1浪生なども医学部合格を多く勝ち取っているのでおすすめです。

★再受験生におすすめの医学部予備校とは?★

2017年8月02日

多浪・再受験生におすすめの医学部予備校

医学部入試は難易度が非常に高い分、合格できれば医師への道が開けることから高校生や浪人生だけでなく、社会人で目指す再受験生が多いのが特徴です。再受験生となると医学部合格の難易度はさらに高くなります。したがって、再受験生の指導実績が豊富な医学部予備校を見つけて学ぶのが一番の近道となります。まず、再受験生は他の受験生より学力が圧倒的に足りていない人が大半だと思います。限られた時間の中で合格に必要な高度な学力を身につけるには少人数体制を徹底している学習環境が必須となります。個別指導とまでは言いませんが、何時でも質問できる体制があり、講師から多くのフォローが得られる環境に身を置いて勉強することが重要です。次に、1日12時間学習など強制的に勉強を取り組める環境を選ぶことです。ただでさえ医学部再受験生は勉強量が足りていないので、圧倒的な学習時間を確保できるなかで勉強していかないと到底ライバルには追いつけません。勉強は量よりも質だと言われていますが、ある程度の勉強量を確保できて初めて言えることです。あと、学習面だけでなくココロのケアも行ってくれる医学部予備校は心強いです。再受験生は通常の受験生よりも厳しい受験生活が待っています。社会人として活躍する周囲とのギャップ、不合格できなかった場合の重圧、年齢が支障となるストレスなど多岐にわたっています。したがって、精神的にサポートしてくれながらモチベーションを持続できるかが合格にも影響してきます。最初はモチベーションも高いので辛い受験生活をスタートできますが、必ず壁にぶち当たる時期がやってきます。そんな時でも心が折れることなく勉強するには、精神的なケアが必要不可欠となります。医学部予備校のなかには再受験生を対象としたオリジナルコースを開設しているところもあります。それだけ、他の受験生とはまた違った対策やケアが必要になる証拠でもあるので、専用コースを受けるなどして1年間勉強に集中できる環境を見つけ出しましょう。

★地元を出て医学部予備校にいくという選択肢★

2017年7月25日

地元を出て医学部予備校に行く

医学部医学科は超難関試験であるため、現役重視の傾向がある大学入試の昨今でも浪人して目指すのが一般的となっています。そのため医学部予備校では高卒生を対象にしたコースが充実しています。近年の少子化の影響を受けずに受験者数が増加している医学部入試の背景から医学部予備校の数も増加しています。ただし、医学部予備校の数が増えているのは都市部であって地方は教育環境がそれほど充実していません。そのため、医学部合格を目指して地元を出て都会に出てくる受験生は結構います。医学部予備校は医学部を専門に指導を行っているのでやはり学習効率と情報量の豊富さ言えば、他の進学予備校を圧倒しています。また、ノウハウも豊富なので、医学部合格率が7割を超えている予備校も少なくありません。現役生、高卒生、再受験生など様々な境遇の生徒を医学部合格へと導いている医学部予備校は、医学部合格の近道と言えるでしょう。大手の医学部予備校であれば全国から優秀な生徒が集まってくるので刺激になること間違いなしです。ただし、全ての医学部予備校が良いとは限らないし、自分との相性だってあります。したがって、体験授業や説明会に参加し必ず自分で直接確認して見極めることが重要となります。また、地方出身者が都会の医学部予備校に通うとなると生活拠点が必要となります。学生寮やマンションなどが候補にあがると思いますが、おすすめは医学部予備校直営の寮です。直営寮であれば医学部を目指す受験生しか住んでいないため、勉強に集中できる環境が整っています。また、予備校から生活面と学習面の両方を24時間サポートしてもらえる保護者としても安心です。マンションを借りたり、学生寮を借りたりしたとしても、大学生や専門学校生など様々な境遇の人と共同生活を送ることになるので、遊びへの誘惑など勉強に悪影響が出るリスクもゼロではありません。最初からこういったリスクを排除して直営寮を選ぶのが賢明でしょう。

★医学部予備校が向いているタイプはどんな受験生?★

2017年7月10日

医学部予備校との相性

医学部合格を目指す受験生は、医学部予備校か大手進学予備校の医学部コースに在籍して対策を行っています。医学部予備校と大手進学予備校のどちらが良いかは相性および性格が大きく影響してきます。まず、大手進学予備校の医学部コースに通う生徒は現役生が多いようです。もともと医学部予備校は高卒生に力を入れている校舎が多かったのも影響していますが、大手予備校は現役生コースが充実しています。そのため、現役生専用の校舎や自習室を用意するなど学習に専念できる環境作りが進んでいます。また、優秀な受験生は現役で医学部へ合格していくため、大手の医学部コースはレベルが非常に高いです。既にある程度の学力がある人はハイレベルな競争下でより偏差値を伸ばすことができるでしょう。また、大手予備校は柔軟性が高く比較的自由に勉強できます。マイペースにどんどん勉強していきたい人には最適です。いっぽう、医学部予備校は大手進学予備校とは真逆の環境を用意しているケースが多いです。まず、生徒の数は少人数に限定し、生徒一人ひとりに手厚い指導が行き届くよう配慮されています。日々の学習状況から徹底して管理されており、良い意味で監視されています。誘惑に弱い受験生や自己管理が苦手な受験生でも豊富な学習時間を確保して学習に専念できるのが医学部予備校の強みです。また、講師との距離が近く面倒見の良い指導を提供しているので学力の伸び代が非常の大きいです。偏差値40からでも医学部合格を実現している受験生がたくさんいます。厳格な学習管理で徹底した指導を行うため、高卒生が多く在籍している傾向にあります。現役時代は大手で勉強したものの医学部に合格できずに医学部予備校へ移ってくるケースも多く見受けられます。したがって、ある程度の高い学力が既にあり、よりハイレベルな競争下でマイペースに学習を行いたい人は大手予備校が良いでしょう。いっぽう、現在の学力は医学部合格からほど遠く、自己管理も苦手な受験生は医学部予備校に通うことで圧倒的な学習時間を確保しながら手厚い指導が受けられます。自分の性格や現在の学力を踏まえて学習環境を選ぶと良いでしょう。

★医学部予備校の学費を節約するためには!?★

2017年6月15日

医学部予備校の学費

医学部予備校は難関入試を突破させるために、実力派講師陣が少人数で指導するだけでなく、学校を上げてサポート体制を充実させています。そのため、大手予備校に比べるとどうしても施設利用料や人件費にお金がかかり、加えて生徒の人数も限られてくるため、生徒一人が負担する学費が高額化しています。最近は学費の安さをアピールする医学部予備校も出てきていますが、全体的に200万円から500万円の学費を設けているケースが多いようです。300万円の開きがありますが、その分、交通が便利な一等地に校舎があったり、カリキュラムが大手の倍以上の授業時間数を確保していたり、マンツーマン指導だったりと違い生じるからです。高い学費ですが、大手に比べて医学部の合格率は高いため医学部予備校を選ぶ受験生は多いようです。大手予備校から医学部予備校に移ってくる生徒も多くいます。ただし、なかには経済的な理由で医学部予備校を選べない家庭もあるかもしれません。たしかに学費200万円あれば、私立の理工系でも1年分の授業料を賄える額です。その金額を用意しても医学部に合格できる保証はない難しさです。それでも、経済的に大手予備校しか通えない人が医学部予備校で学ぶ方法はあります。それは特待制度を利用して入学することです。ある程度の高い学力がある人限定ですが、特待コースに合格できれば大手よりも安い学費で学べるチャンスがあるので積極的に挑戦してほしいと思います。特に、高卒生の場合は、現役生よりも高い学費がかかってきます。多浪生ならなおさらです。高卒生で医学部入試一次試験に合格している人は、授業料の一部を免除する医学部予備校あります。合格まであと一歩なので、学費を気にすることなく特待コースで最後まで挑戦してほしいものです。また、将来の学費を節約する方法として合格保証制度のある医学部予備校を選ぶという選択肢もあります。1年面は学費が発生しますが、医学部合格できなかった場合、翌年度の学費が免除になる制度です。不合格でも高額な費用負担を回避できるため、リスクヘッジとして選ぶのも良いでしょう。合格保証制度を設けている医学部予備校は、それだけ初年度で合格させる自負があります。実力や実績がないとできない制度なので選ぶ価値はあります。現在の学力に自信がなく特待コースの合格が見込めない人は合格保証制度がおすすめです。

★人気の医学部予備校は東京だけじゃない!知っておきたい校舎を厳選紹介!★

2016年3月22日

医学部予備校比較ランキング

医学部の競争率は年々激しさを増しており、私立で一番入学しやすい医科大学でも偏差値60以上が必要となっています。したがって、苦手科目を作らず全ての科目で高度な学力を身に着けるためにも医学部受験に特化した対策が必要となります。そこで今回は、人気の医学部予備校を紹介していきます。人気を集める医学部予備校といえば首都圏に集中しがちですが、医学部予備校は全国に存在しています。ぜひ参考にしていただければと思います。まず、医学部合格実績が高い予備校は、東京にある野田クルゼです。難関受験に強い早稲田アカデミー系列で、開校40年以上の歴史を誇る伝統校です。豊富なノウハウと受験データを武器に毎年多くの医学部合格者を誕生させており、親子2代で通っている人も少なくない古くから人気の医学部予備校です。次におすすめなのが進学塾ビッグバンです。大阪を本拠地としながら東京にも校舎を展開しており、圧倒的な授業時間と学習量を誇っているのが特長です。朝9時から夜10時までは校内での強制学習を課しており、自己管理が苦手な人でも徹底して学習に取り組めると人気の医学部予備校です。また、多浪生や再受験生におすすめの医学部予備校としては東京の慶応進学会フロンティアがあります。他校から転入してくる受験生がほとんどを占めるほど、多浪生の合格実績が高いのが特長です。また、合格保証制度を設置する数少ない人気の医学部予備校として注目されており、受講生へのサポートも充実しています。最後に、寮で生活しながら密度の濃い学習をしたい人には福岡にある大宰府アカデミーがおすすめです。寮と校舎が一体となっているうえに、校舎のある大宰府は娯楽施設がほとんどないため、学習に専念する環境としては最適です。ずっと校舎内でこもって勉強するのは辛く感じるかもしれませんが、イベントや企画を豊富に開催し勉強の合間のリフレッシュやストレス発散を定期的に行えるため、意外にも苦に感じている人は少ないようです。以上のように人気の医学部予備校は全国各地にあります。自分に合った最高の学習環境を見つけて、志望校合格を最短ルートで見つけてください。

ドイツ人とのハーフが医師を目指す!おすすめ医学部予備校教えます!

ページトップへ戻る

管理人情報 | 利用規約

Copyright (C) ドイツ人とのハーフが医師を目指す!おすすめ医学部予備校教えます! All Rights Reserved.